今週は、「 長生きの秘訣 」についてです。

⭕ 外を歩くと、9つの驚くべき健康効果が得られる
https://www.mylohas.net/2018/04/165117walking_outside.html

脳が、セロトニンやドーパミンなどの「しあわせ物質」を分泌する
新しい神経細胞の発生や成長を促し、記憶の低下や認知症を予防する
血圧が下がる
定期的に歩くと、心臓発作のリスクを35パーセントも下げる
肺がんになる確率を30パーセントも減らす
骨の強化につながり、骨粗しょう症や骨折から守る
脂肪の蓄積を防ぐ
タンパク質、コラーゲンの生成を助けるため、肌を若々しく見せる。
素肌が日光にさらされて、ビタミンDの生成が起こり、アルツハイマー病、心臓病、くる病や前立腺がんなどのリスクを下げる。

⭕ がんになるリスクを下げるには
https://toyokeizai.net/articles/-/22520

禁煙と、過度の飲酒をやめること
加工食品を避け旬のフレッシュな食材を食べる
炭水化物(特に糖分)の摂取を控える
抗酸化栄養素の不足がないように心掛ける
運動量を増やすこと(血行をよくし、体にきちんと酸素を行き渡らせる)
生活上のストレスを減らすこと
慢性の炎症を解消し、血糖値を正常値にすること

⭕ 北へ行くほど、がんの発生率が高い
https://www.mylohas.net/2018/11/health_05.html

日光は「皮膚がん以外の、がんに対する免疫」を提供している
日照量が減ると、日光によって体内に生成されるビタミンDが不足する
ビタミンDの摂取量により「結腸がん」の発生率が半分になる
紫外線が肌の老化をもたらすのは確かだが、紫外線がビタミンDを生成することによる健康メリットも忘れずにいたい。

⭕ 心肺機能の高い人は長生きする

やはり運動は大切 心肺機能の高い人は長生きする

運動は非常に重要。何もしないことは心肺機能を低下させ、死を早める可能性がある。少し息が上がるくらい、汗が少し出るくらいの運動を週に何度か行うことは、健康につながる。
心肺機能が高いほど死亡率が低くなっている。

PAGE TOP