今週は、「 インフルエンザ対策 」についてです。

⭕ 65歳以上の高齢者では、インフルエンザ・ワクチンを摂取しておいたほうがよい
⭕ 外から帰ったら、着替えをし、手洗いとうがいをすること

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-4447.html

インフルエンザワクチンは、感染防御はできないが、重症化を防ぐ。インフルエンザに続発する肺炎などの合併症やインフルエンザ脳炎・脳症の発生を抑える。
手洗い、うがい、マスクがインフルエンザ予防の基本。特に、手洗いが有効。外出先から帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗うこと。
外出から帰宅したら着替えすることも予防に役立つ。
以下の人たちが、インフルエンザに罹患し重症化すれば、肺炎などの重篤な合併症になり、生命に危険が及ぶこともあるので予防接種が必要。
65歳以上の高齢者
呼吸器系や循環器系に慢性疾患を持つ患者
糖尿病、腎臓病などの慢性疾患の患者
免疫低下状態の患者

⭕ ワクチン接種の5日前からと、3日後まで、ビタミンCを服用すれば、ワクチンの効果を高め、ワクチンによる副作用を軽減できる

https://ameblo.jp/kotetsutokumi/entry-12338213574.html

ワクチン接種に副作用および有害反応が実際に現れた場合、抗酸化物質であるビタミンCが、いかなる毒素や過剰な酸化ストレスをも撃退する
ビタミンCはワクチンの効果を高める
ワクチン接種前後にビタミンCを投与することによって、死亡という結末をほぼ完全に回避できる
ワクチンを接種する3~5日前から少なくとも接種から2~3日後まで投与する

⭕ ビタミンDサプリを摂ると、インフルエンザにかからない

https://ameblo.jp/kotetsutokumi/entry-12336217034.html

インフルエンザワクチンの効果(ランセットの論文)
18歳から65歳までの健康な成人群での効果は57%
65歳以上の全死因死亡率を4.6%削減した
ビタミンD
1日当たり800IUのビタミンDではインフルエンザ羅患が減少し、2000IUでは効果的に軽減する。
5,000~10000IUのビタミンDサプリメントを使用すると、96% はインフルエンザにかからない。

⭕ インフルエンザには、漢方薬の麻黄湯が効く

http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-1233.html

インフルエンザには、漢方薬の麻黄湯がよく使われる。西洋医学的にも麻黄湯はインフルエンザに対して有効である。
麻黄湯は比較的体力があって、高熱でもまだ汗が十分に出せていない時期にある患者さんで、良く効く傾向がある。
ワクチンは感染予防には役立たないが、重症化予防に役立つ。
糖質制限は、代謝や免疫が正常に機能させるのに役立つ。

PAGE TOP